« よこいさんのろうけつ展に行って来ました。 | トップページ | 障害者自立支援法廃止しないのか??!!!(怒) »

2010年5月28日 (金)

陪審員制度/やさしい日本人、怒りんぼのアメリカ、ロシア人

こちら、
地味ながらかなり好きな映画です。


「12人のやさしい日本人」です。

お金がかかっていなくて 密室での撮影で
なんのアクションもロマンスもHシーンも無いですが、
この時代ならではの役者の達者な演技と個性で
上質の映画に仕上がっていると思います。
モーツアルトのピアノソナタがとても効果的に使われていること、
私たトヨエツのファンだから、、だけではないです。( ´艸`)プププ

以下参照

http://www.bekkoame.ne.jp/~k-kara/ht/movie/12gentle-japanese.htm

おすすめです。
この映画は、20年位前の映画で、
当時、まさか日本にも陪審員制度が導入されるなんて、、、
まさかのまさか∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
だったと思います。
まさか、だからこそ、
楽しくこんな映画を作ることができたのではないか?
と。


もちろん、ベースになったのは、、、

こちら、、、アメリカの
「12人の怒れる男」です。
かなり映画としてのトーンが違いますよね?
(日本版はひょうひょうとしています。
こちらはリアル、、、、

で、ロシア版もさらに、ハードなトーンで
作られてました。
ドキドキ、ハラハラな感じでオモシロそう。
まだこれは観ていないです。

はい、では
「12人のやさしい日本人」挿入曲
モーツアルトのピアノソナタをお聴きください。
私の好きな曲ベスト10ランクイン曲です。
弾いて下さるのは、
南米出身の巨匠「クラウディオ・アラウ」。
この方のペースが入手できた中で一番好みでした。

ところで、、、、
これ、、。( ̄ー ̄)ニヤリ

Ca3a0181


以前にチラっとアップしましたが、
これ、
招待状です。
裁判所への。ι(´Д`υ)アセアセ
結局、最終招待状は来なかったし
もう時効だから、書いちゃってもよいですよね?
やさしい日本人、やってみたかった気もします。

« よこいさんのろうけつ展に行って来ました。 | トップページ | 障害者自立支援法廃止しないのか??!!!(怒) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陪審員制度/やさしい日本人、怒りんぼのアメリカ、ロシア人:

« よこいさんのろうけつ展に行って来ました。 | トップページ | 障害者自立支援法廃止しないのか??!!!(怒) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック